生活保護、 つらつら書き

生活保護について・・・

ふと興味を抱いたので、非常に短文ながら、アウトプットをします。
勉強不足、リサーチ不足な面は目立つかと思いますが、考えの整理用ということでご容赦くださいましたら幸いです。

生活保護への印象

病気や事故、社会情勢などで、本人には如何ともしがたい問題が起きた時に国から生活費として受給できるものという認識です。

ふと興味を持った理由

「生活保護で豪遊」というキーワードを漏れ聞きました。
カフェで隣に座っていた人が話していたので、詳細はよくわかりませんが・・・。
!?です。豪遊出来るんですか。出来るほどもらえるのですか?豪遊できるほど元気なんですか?そんな時間があるんですか?

勝手に思っている、ありとなし

これはありだろうと思うこと

まず、事故や病気で働けない。身寄りがない。いたとしてもあてにならない。妊娠している。頼れる旦那さんもいないなど。
そんな場合は洒落にならないので、問答無用でありだと思います。

その他です。
本人が治しようのない本人の性質などで、職が定まらず住所不定となってしまう場合。
何回面接を受けても採用とならない場合。
仕事を選ばずにトライしても、うまくいかず資金が尽きた場合。
生活を支えられる程の賃金を得ることが出来ない場合。

なしと思うこと

頼れる人々がいるのに、全然元気なのに、一切努力をせずに「生活保護ありき」で考えていること。

違和感を抱いた、「生活保護で豪遊」というキーワードはこちらに分類されるのかな。

なんとなく思う生活保護の今後

今後、生活保護の需要が一気に増えると予測してます。漠然と。
一口に、「働けるなら働けよ」と言われても、働き先が本当になかったり、、、自分を受け入れてくれないということは、いくらでもあるのです。
特に氷河期世代は・・・。
這いあがれない人が出てくるのは、どのような論を述べたとしても現実として認識するしかないのではと。
相当数おりますよ。
氷河期世代については、また書いてみます。

生活保護については、行政も切り分けが難しいのかなとも思っています。
しかし・・国の資金でもありますものね・・・。

本当に必要な人、必要でない人をどうやって分ければよいのでしょう?
適切かどうか裏付けを行う職員の数は、限られた予算内で賄えるものでしょうか?

なんとなく、仕組みを根っこから変えるしかないんじゃ

例えば、生きていくのに必要最低限なものは衣食住ですよね。
それらを現物支給する、というのはどうでしょう。
特に食料です。もう、お弁当とか給食的なもので提供しちゃうんです。
その分、生活費から差し引きします。
これはやりようによっては、かなり節約できるのでは。
あと、自身の症状などでお料理が出来ない人は助かりますし。

そして、その人々の自立を支援する人を立てるとか。。。

やはりまとまらない

やっぱりなんだか小骨が喉に引っかかったような気持ちです。

心情的には・・・コンビニでしっかり働いている年配の男性や女性にも加護があって欲しい。

彼らの生活が、コンビニバイトだけで回るとは考えづらいです。

そんな方々に、せめて保険料免除とか・・・出来ないでしょうか。そんな措置はあって欲しいのですけどもね。

後、非常に複雑なのが、、なんとなく無視できない事実として、です。
国からのお金だとしても、使ってもらうことで生きていける小売店や企業はたくさんあるのです。
私はずっと小売で働いていたので、、必死ですよ、本当に。
使えるお金があれば、もちろんものは買うでしょう。サービスも受けるでしょう。
お金の余裕も未来への希望も持てないから、ものを買う気になれないのですよねえ・・・。
このテーマは、また改めて。散文失礼しました・・。

貧困クライシス 国民総「最底辺」社会 [ 藤田孝典 ]

価格:972円
(2018/1/14 17:14時点)
感想(0件)

投稿者: niwatori_1180

タロット占いをする傍ら、お悩み解決の道を探ることが今のライフワーク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。